インパクトの強い看板を作るメリット|店内へお客を誘導する存在

女の人

訴求効果の高い宣伝 

旗

店舗の場所を示すのぼりは有効な宣伝手段です。制作費用も安く、一年中休まずに宣伝できるので高い訴求効果を期待出来ます。さらにのぼりには看板に無いメリットもあります。それは宣伝コストの削減ができることです。

詳しくはこちら

情報漏えいを防ぐハガキ  

葉書き

通常のハガキと同じサイズの圧着ハガキは、中身を見るためには開けなくてはいけません。そのため、顧客の大事な個人情報や大事な情報を伝えるときに非常に便利な手段です。また、通常のハガキよりも載せることができる情報量が多いこともメリットです。

詳しくはこちら

インパクトある店舗の顔 

広告

これから自分の夢だった店舗をオープンする方は、「店舗の顔」である看板を制作しないといけません。看板があることで、どんなサービスを行っているのかが一目瞭然になるので、ターゲットが入店しやすくなるでしょう。ですから、インパクトが大事になります。街を歩いているターゲットが見落とす可能性がある場合は、集客率をあげるためにインパクトの強い「店舗の顔」を作るように意識しましょう。

看板を作ることのメリットは先ほど言ったように、どんなサービスをしているのかがわかることです。例えば、自家焙煎の珈琲店をオープンする場合は、遠くからでは店名を読むことは難しくて、ターゲットに「あっ!あっちにカフェがある!」と認識させないといけません。今まで来店してない新規顧客を拡大することができますし、インパクトが強い看板を作ることで店舗の存在をお客さんにアピールすることができます。現代は沢山の情報が溢れているため、お客さんがお店を選ぶ時代になっています。お客さんに選んでもらうためには、インパクトの強い看板を制作して、遠くからでも認識してもらうことが非常に重要です。何気なく街を歩いている人や、運転中のドライバーさんにも店舗があることに気がついてもらうことで、来店してくる可能性が出てきます。また、新規顧客にはインパクトの強い看板があると思い出に残ります。もしかしたら、SNSにアップされる可能性もあるので、制作するときはインパクトを重視しましょう。

地元密着型の宣伝手段  

スタンド

スーパーや飲食店の入口付近にあるカタログスタンドを使い、宣伝を行っている店舗は多くなっています。地元密着型の宣伝手段のために、新規顧客の獲得やリピーター率をアップすることができるのがメリットの一つです。

詳しくはこちら

Copyright© 2016 インパクトの強い看板を作るメリット|店内へお客を誘導する存在 All Rights Reserved.